薬剤師が転職サイトへ登録する意味

薬剤師が転職サイトへ登録する意味

2018/9/19 更新

これが転職サイトのメリット!

薬剤師が転職サイトへ登録する意味

薬剤師が転職するなら転職サイトに登録すべきであり、その方が成功しやすいと言われています。 特に初めて転職する人ほど転職サイトは頼りになるでしょう。 ただ、転職自体は、一人でもやろうと思えばできるものです。 では、なぜ転職サイトを利用した方が良いと言われているのでしょうか。 どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

転職サイトを利用すると受けられるサポート

自分一人で転職をするには、まず希望に合う求人を探して、履歴書や職務経歴書を送り、書類選考に通ったら面接を受けることになります。

職場見学の希望や条件の交渉もすべて自分で行わなければなりません。これらを全て自分一人でしなければなりません。

これでは一度に応募できる件数に限界があり、遠方の求人には対応できないでしょう。

たとえ転職できたとしても、もっとふさわしい転職先があったかもしれません。

比べて、転職サイトには多くの求人情報があり、条件を指定して検索するのも簡単です。

ハローワークや求人誌で探すよりも給与や勤務時間など詳しい条件を知ることができます。

求人の中には登録者でないと見られない「非公開求人」もあります。企業の求める条件をクリアしていれば応募が可能です。

さらに転職サイトではコンサルタントによるサポートを受けられます。

希望する転職先のヒアリングから始まり、求人の紹介や応募の代行、履歴書や面接のアドバイス、求人先への条件交渉などです。

これが転職サイトを利用する一番のメリットと言っても良いでしょう。

もちろん遠方へのアプローチも可能です。現在の職場で働きながら、並行して転職活動を行うことができます。

また、転職してからもアフターフォローしてくれるところもあります。しかも、ほとんどの転職サイトでこれらのサポートは無料で受けられるのです。

コンサルタントはどこまで信用していいの?

転職においてコンサルタントは心強い味方になってくれます。

一人では、自分にどんなアピールポイントがあるのか客観的に判断できないものです。

アピールするポイントを間違うと、求人先にはまったく見向きされないでしょう。

転職サイトで自分のキャリアやスキルを見つめ直し、コンサルタントのアドバイスを受ければ、どこをアピールすべきか的確に分かるようになります。

時には不利な面接でもコンサルタントのプッシュ次第で覆るかもしれません。

ただし過度の信頼は禁物です。

無料でも転職サイトは慈善団体ではありません。転職が成立すると、求人企業側から成功報酬をもらえる仕組みになっています。

中には利益を優先して希望と合わない求人を紹介したり、逆にまったく紹介してくれなかったりするコンサルタントもいます。

アドバイスは素直に受けつつも、紹介については本当に自分に合っているのか慎重になった方が良いでしょう。

転職サイトの利用は期限を設けよう

せっかくの転職サイトも目的が定まらないまま使っていると、次第に利用価値が下がってしまいます。

コンサルタントの数は限られており、いつまでもサポートしている余裕がないからです。

一般的に薬剤師が転職するなら1ヶ月以内に決めるのが望ましいとされ、多くがその範囲内で転職先を見つけています。どんなに時間をかけても3ヶ月です。

それ以上になると求人を紹介してもらえないだけでなく、既に仕事を辞めている場合、経済面から転職活動を続ける余裕がなくなってきます。

その結果、慌てて不本意なところへ転職せざるを得なくなるかもしれません。

たとえ働き続けながら転職活動するにしても、あらかじめ期限を設けておいた方が良いでしょう。

利用は複数の転職サイトを

薬剤師向けの転職サイトは数多くありますが、どの転職サイトも万能ではなく、強みもあれば弱みもあります。

利用時には、1社だけよりも複数登録した方がそれぞれの弱みを補完できますし、より多くの求人とめぐり会えます。

また、コンサルタントに複数利用していることを伝えておくと、他サイトへの競争意識もあり、より良い求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

複数の転職サイトを比較検討することで、自分の希望する転職が実現できそうなところを選び出し、転職を成功させましょう。