“転職理由”に関するまとめ

転職理由とは

薬剤師の転職理由として多いのは、収入への不満、職場の人間関係、待遇や労働条件の悪さなど、やはり不満やストレスが原因になっていることがあげられます。その他には、もっとスキルアップやキャリアアップを図りたいという前向きな理由で、パートやアルバイトから正社員へ、調剤薬局から病院や在宅業務へと転職する人も多いようです。実際の転職者数も全体の半数以上で非常に多いと言われており、これは薬剤師の場合、求人数も多く、転職により収入アップを図りやすいことが要因だと思われます。