ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

タグ " 公務員薬剤師 " に関する記事

薬剤師は民間企業だけでなく、その資格を活かして公務員としても働くことができます。勤務先としては、国公立病院、保健所、都道府県庁などがあり、国家公務員または地方公務員として就業することになります。倍率が高く狭き門と言われている公務員採用試験に合格しなければいけませんが、公務員として民間企業の利益追求型ではない医療への貢献ができ、社宅や育児休暇などの福利厚生が充実していることも大きなメリットと言えます。

エージェント・サイト活用

ワークシェアリングに乗っかれ!薬剤師ができる副業 (1)

2019年3月5日

今まで原則として副業は禁止されていましたが、2018年に厚生労働省の作成している「モデル就業規則」という企業が就業規則を作る際に参考にする規則に副業、兼業の推進を促進する規定が新設されました。 実際に副業解禁した企業にはロート製薬等があり、2018年という年は「副業解禁元年」と呼ばれ、この流れは今後加速していくことになるでしょう。 薬剤師も副業解禁の流れ...

転職先の選び方

薬剤師のスキルを活かせる研究機関での仕事とは?薬剤師のデスクワークへの転職【研究機関編】

2018年9月17日

薬剤師のスキルが役立つデスクワークの1つに「研究機関」の仕事があります。 その名のとおり、研究や試験、検査をするところです。 国や地方公共団体、独立行政法人、大学などの教育機関、民間企業など運営母体は様々です。 転職するには、どのように探せばいいのでしょうか。 また必要な資格はあるのでしょうか。

転職先の選び方

休暇がとれるところもある薬剤師が休日を多く取れる職場はどんなところ?

2018年7月30日

薬剤師は国家資格であり、薬剤師にしかできない仕事があります。 そのため薬剤師が休んでしまうと、勤務先の業務そのものが滞ってしまうケースでは、どうしても休みづらくなってしまいます。 薬剤師そのものが不足していることも影響し、休みづらいことはしょうがないとあきらめている人も多いでしょう。 薬剤師として勤務していながら、十分に休日を取得できる勤務先はあるので...

転職先の選び方

安定を望める行政機関へ転職するには?薬剤師のデスクワークへの転職【行政機関編】

2018年6月29日

薬剤師のデスクワークには、公務員薬剤師として「行政機関」で働く仕事もあります。 いわゆる国や地方公共団体の行政事務です。 具体的にはどんな業務内容で、薬剤師のスキルはどのように活かせるのでしょうか。 また転職するのは可能なのでしょうか。 詳しく見ていきましょう。

転職先の選び方

人気の保健所へ転職するには?薬剤師のデスクワークへの転職【保健所編】

2018年6月29日

保健所は、薬剤師にとって身近な行政機関です。 薬剤師の免許の申請をはじめ、2年ごとに厚生労働省令で規定されている事項を届け出る窓口にもなっています。 もちろん保健所の中にも薬剤師が活躍できる場があります。 具体的にどのような仕事をするのでしょうか。 また転職するには、どうすればいいのでしょうか。

転職先の選び方

人気の公務員薬剤師を目指すときに知っておくべきことやりがいと安定を得られる公務員薬剤師に転職するには?

2017年7月5日

薬剤師の職場の多くは民間企業ですが、公務員として働く薬剤師もいます。 公務員と言えば利益追求よりも国民や地域に貢献するために働くイメージがあります。 また雇用や給与が景気に左右されず安定しているため、薬剤師に限らずどの業種からも人気です。 そんな「公務員薬剤師」になるには、どんな方法があるのでしょうか。