薬剤師が転職サイトの担当コンサルタントを変更してもらうには?

薬剤師が転職サイトの担当コンサルタントを変更してもらうには?

2018/9/14 更新

コンサルタントとの関係性は転職の成功に影響する

薬剤師が転職サイトの担当コンサルタントを変更してもらうには?

転職コンサルタントが在籍している転職サイトでは、登録すると、担当のコンサルタントが割り当てられます。 転職のプロであるコンサルタントは、薬剤師が転職を成功させられるかどうかに大きく影響します。 コンサルタントとスムーズにコミュニケーションが図れ、信頼関係が構築できれば転職もスムーズに進むでしょう。 しかし、コンサルタントも人間ですので、やはり相性というものはあります。 また、キャリアの差や得意分野の違いから、能力差もあるでしょう。 自分とは合わない、信頼関係が築けないと思った時にはどうすれば良いのでしょうか。

 

担当コンサルタントを変更してもらう

転職サイトの求人情報をチェックし、自分に合いそうだと思って登録した後に、担当になったコンサルタントに対して以下の様な不満や疑問符を感じることがあるでしょう。

  • 「どうも話が噛み合わず、意思の疎通がうまく図れない」
  • 「自分の希望する条件についてあまり理解してもらえず、気に入るような求人先を紹介してもらえない」
  • 「業界知識が浅く、サポートに期待できない」
  • 「コンサルタントの言っていることがどうも信用できない」

このようなことがコンサルタントから感じ取れる場合には、担当を変更してもらうことを考えましょう。

転職サイトはほとんどのところが無料で利用できますので、無料なのにそんなことを言ってもいいものなのかと遠慮する人も少なくないはずです。

しかし転職サイトは、転職を成立させることで求人先から受け取る報酬を収益とする事業者です。

登録者は、自社に収益をもたらしてくれる人財ですので、担当のコンサルタントが上手く転職のサポートをしてくれないということは、事業者にとっても損失になります。

自身の転職をスムーズに進めるために必要であれば、勇気を出して変更して欲しいと申し出ましょう。

変更に応じてくれない場合は?

担当コンサルタントの変更を申し出ても、必ずしもすぐに対応してくれるとは限りません。

中には、コンサルタントが少数しかおらず変更したくてもできない事情がある転職サイトもあるでしょう。

そのような時には、他の転職サイトを利用するか、その転職サイトが自身にとって魅力的だと思える場合は、少し時間をかけて状況が改善されるのを待ってみるのも必要かもしれません。

ただし、コンサルタントとの関係が上手くいかないと、転職活動をスムーズに進められずにイライラや焦りも出てきてしまいます。

薬剤師に特化した転職サイトは複数ありますので、他のサイトを並行利用し、比較検討しながら進めた方が賢明と言えるでしょう。

求人先の企業も、1社の転職サイトだけではなく複数の転職サイトに求人を出していることがあります。

自身が魅力的に感じた求人を、他の転職サイトでも扱っている可能性は高いのです。

転職サイトは初めから複数利用を

せっかく転職をスムーズに実現するために転職サイトに登録しても、肝心のコンサルタントと信頼関係が築けなければ、転職を成功させることはできません。

このような事態を防ぐには、当初から複数の薬剤師に特化した転職サイトに登録し、実際に利用してみることが必要です。

複数の転職サイトを併用すると、一つの転職サイトのコンサルタントに不満があっても、そこに依存することなく他のサイトのコンサルタントへ相談することができます。

複数のコンサルタントとコンタクトを取ってみれば、自身の希望を実現するのに最適な人物が見つかりやすくなるでしょう。

さらに、複数の転職サイトを利用するメリットは他にもあります。

登録時に他の転職サイトも利用していることを知らせておけば、競争意識が働きますので、自社で何とか転職を成立させようとコンサルタントもより一層の努力を惜しまないでしょう。

転職が初めてで不慣れという薬剤師も、こうした複数利用する意味を理解しておくことで、上手く転職サイトを活用することができます。

登録や利用は無料でできますので、是非希望する転職を実現させるために、複数の転職サイトとコンサルタントのサポートを利用しましょう。