優良な薬剤師転職サイトを見極める基準

優良な薬剤師転職サイトを見極める基準

2018/9/19 更新

転職サイトの善し悪しを図るポイント

優良な薬剤師転職サイトを見極める基準

薬剤師が転職を成功させるには、優良な転職サイトを見極めることが大事です。 ただし薬剤師に特化した転職サイトでもかなりの数があります。 転職サイトを評価するポイントには求人数や非公開求人の多さ、コンサルタントの質などいろいろありますが、どこを見極めれば信頼できるサイトに出会えるのでしょうか。 それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

 

求人数が多ければ優良?

扱っている求人数が多いと、優良な転職サイトに思えてしまいます。

そうなると大手の求人サイトほど優良になりますが、実際のところはそれだけで評価できるものではありません。

確かに求人数が多ければ薬剤師の選択肢は広がりますが、希望する職種でなければどんなに数が多くても意味がないからです。

特にドラッグストアは慢性的な薬剤師不足で、ハローワークでも十分に求人情報を探せるくらいです。

むしろ転職サイトはハローワークでは入手しづらい調剤薬局や病院、企業など転職が難しい職種の数で評価するべきでしょう。

求人数が多い大手の転職サイトでも強い職種はそれぞれ異なります。

非公開求人の多さは判断基準になる

薬剤師が転職サイトを利用するメリットの1つに「非公開求人」の存在があります。

登録しないと詳しい情報を見られず、選ばれた薬剤師でなければ応募すらできない場合もあります。

公にできないのは、一定のスキルが必要な業務で適任者をある程度絞り込んでほしい場合や、求人情報が知られると業務に支障が出てしまうなど、多くは求人先企業の都合によるものです。

非公開求人は、特に病院や企業の求人に多く、好条件の求人が多くなっています。

非公開求人が多い転職サイトほど、好条件の求人が充実していると期待できるでしょう。

コンサルタントの能力がすべて

転職サイトは大きく分けて、求人情報だけを提供して応募は登録者に行わせる「情報提供型」と、登録者と企業の間を取り持つ「コンサルタント型」の2種類があります。

薬剤師が転職するには、コンサルタント型の転職サイトを選ばなければいけません。1人で転職するには応募できる求人の数に限界があるからです。

けれども担当するコンサルタントの能力が低いと、どんなに求人数が豊富な転職サイトでも転職を成功させることはできません。

コンサルタントの能力は、必ずしも大手だから優秀、中小だから劣るわけでなく、その転職サイトを運営している転職支援会社の企業姿勢や経営方針にも影響されます。

例えば1人のコンサルタントが担当する登録者の数が多いほど、1人あたりのサポートが手薄になってしまいがちです。

逆に登録者が多くなっても担当する数を限定すれば、丁寧なサポートを提供することができます。

こうした情報は表面的に分からないので、実際に登録している薬剤師の口コミを探したり、説明会に参加したりするなどして見極めた方が良いでしょう。

こんなコンサルタントがいる転職サイトは要注意

コンサルタントの質が低い場合には、その転職サイトは利用しない方が無難です。

能力だけでなく人間性にも問題があると、転職サイトの教育がなっていない恐れがあるので、他のコンサルタントに替えてもらっても同様の問題が発生するでしょう。

また、希望しない求人ばかりを勧めてくるコンサルタントがいる転職サイトも要注意です。

確かに転職が成功すれば、転職サイトは成功報酬を得られますが、3ヶ月以内に退職されると逆にペナルティが発生します。

そのようなリスクを承知で無理な転職を勧めるところは、目先の利益に囚われてばかりでいつかトラブルを引き起こす可能性が高いです。

複数の転職サイトに登録しよう

転職サイトには、それぞれに強みや弱点があります。

一つの転職サイトのみでは、依存度が大きくなり、自分の希望を大幅に妥協するようなことになる可能性も高くなります。

複数の転職サイトに登録し利用すれば、それぞれの欠点を補ってより幅広い求人をカバーできます。

また、サービス内容やコンサルタントも比較できますので、自分に合った最適な転職サイトを見つけ出せるでしょう。

一般的に、多くの転職者は2~3つの転職サイトを利用していると言われています。

優良な転職サイトを活用するために

どんなに優良な転職サイトでも、利用する薬剤師に問題があればデメリットばかりになってしまいます。

例えば転職の目的がしっかり定まっていないと、コンサルタントが親身になって紹介しても決断できなかったり、不向きな求人に応募して後悔したりするなど失敗しがちです。

だからこそ利用する前に、今の仕事のどこに不満があって、どのような職種に転職したくて、何を優先したいのか、自分の中ではっきり定めておくことが大事です。

そうすればコンサルタントが紹介した求人を的確に選別できるでしょう。