薬剤師転職サイトの仕組み

薬剤師転職サイトの仕組み

2018/9/22 更新

無料で利用できる理由

薬剤師転職サイトの仕組み

薬剤師が転職する時は、転職サイトを利用した方が便利で有利です。 専任のコンサルタントが条件に合った求人を紹介してくれるのをはじめとして、履歴書の作成から面接に至るまでのアドバイス、無事に転職した後もサポートしてくれます。 しかも、これらのサービスはすべて無料で利用できます。 では、なぜ無料でそこまで至れり尽くせりのサポートをしてもらえるのでしょうか。

 

転職支援会社は「成功報酬」を収益としている事業者

転職サイトの収入源は主に2種類あります。

1つは企業側が支払う求人広告の掲載料です。

もう1つは企業と求職者(転職希望者)の間で雇用契約が成立した時に支払われる「成功報酬」です。

一般的に求人広告を掲載して求職者に自ら応募させる転職サイトは前者、専任のコンサルタントが両者の間を取り持つ場合は後者が収入源になります。

専任のコンサルタントが在籍する転職サイトを運営している転職支援会社は、採用が成立した時の成功報酬を収益とする事業者なのです。

したがって、求職者は無料でサイトの利用ができ、コンサルタントから手厚いサポートを受けることができるのです。

また、転職サイトが受け取る成功報酬の相場は、求職者がもらえる年収の20%~30%前後と言われています。

スキルがあって即戦力になれば、企業側が提示する年収は高くなるので、成功報酬も高額になります。

コンサルタントには、年収などの条件交渉も求人先にしてもらえますが、転職サイト側にしても高収入の条件で転職者が採用されることにメリットがあるわけです。

つまり、転職者と転職サイトは協力関係にあり、コンサルタントは転職者にとって強力なパートナーとなるのです。

企業側が転職サイトを利用するメリット

企業側にしてみるとコンサルタント型の転職サイトを利用することにより、人材の採用にかかる費用を節約できるメリットがあります。

求人広告は、掲載するだけでも週に数十万円の費用が発生し、1件も応募がなければその費用は無駄になってしまいます。

応募があっても書類選考や面接、合否の連絡など、採用には労力がかかってしまいます。

まして、1人も採用できなければ大きな損失になります。

ところが、コンサルタント型の転職サイトを利用すれば、あらかじめ求めている人材にふさわしい登録者を選定した上で紹介してくれるので、採用時の無駄を省けます。

さらに成功報酬が発生するのは雇用契約に至った場合のみです。

それ以外は無料で利用できるので、成功報酬自体が高額でもトータルの採用コストは安く抑えられるのです。

すぐに辞めてしまった時のペナルティは?

転職サイトの収益の仕組みを考えると「成功報酬を得るために希望していないところへ無理やり紹介されるのではないか」という不安があるでしょう。

確かに一部そのようなことをする転職サイトがあったり、コンサルタントがいたりしますが、実は大きなリスクを伴う行為でもあります。

雇用契約が成立して企業側は成功報酬を支払ったのに、すぐに辞められてしまったら大きな損失です。

当然、そのような人材を紹介した転職サイトも無関係ではいられません。

そのため、一定期間内に求職者が辞めてしまった場合はペナルティを課せられる契約になっています。

ペナルティは、いきなり成功報酬を返金するのは稀で、転職サイトはそれ以上に優れたスキルを持つ人材を期限までに無料で紹介しなければいけません。

できなければ成功報酬を返金した上に、その企業との取引自体がなくなる恐れもあります。

そのようなリスクがあるため転職サイト側も誰でも安易には紹介できないし、転職が成功した後もしばらくはサポートするのです。一般的にその期間は3ヶ月とされています。

また、転職サイトにこのようなペナルティが発生しても、求職者に損害賠償を請求するようなことはありません。

思っていた仕事と違ったり、社風に合わなかったりするのは、実際に働いてみるまで分からないからです。

ただし辞めた理由によっては、今後仕事を紹介してもらえなくなる可能性も出てきます。

転職サイトから十分にサポートされるには

このように転職サイトは決して慈善サービスではなく、立派なビジネスです。

だからこそ自分が希望する職種を紹介してもらうには、転職サイトにとって利益になるような人物であることが望ましいと言えます。

薬剤師であれば、薬剤師専門の転職サイトを利用した方が、転職サイトにとっての価値は高まるでしょう。