薬剤師転職サイトのコンサルタントを活用するメリット

薬剤師転職サイトのコンサルタントを活用するメリット

2018/9/24 更新

冷静な判断ができるコンサルタント

薬剤師転職サイトのコンサルタントを活用するメリット

転職サイトに登録すると、登録者一人一人にコンサルタントが付き、色々な場面でサポートやアドバイスをしてくれます。 転職の際には不安なことや分からないことがたくさん出てくるため、コンサルタントの存在は大変心強いものになるはずです。 そもそもコンサルタントを活用することには、どのような意味やメリットがあるのでしょうか。

 

正確な情報に基づく転職のアドバイス

高齢化社会の現代では医療費の高騰を抑制するため、国は色々な改革を実施しています。

薬剤師の仕事は、国の改革により大きな影響を受ける仕事であるため、短期間の間に常識が常識でなくなる場合があります。

すなわち薬剤師を取り囲む環境が短期間で激変してしまうのです。

また情報化社会の現代では、色々な情報を個人が簡単に入手することもできるようになってきました。

しかしながら、入手した情報が最新のものなのか、正しい情報なのかは判断できない状況でもあります。

これらによって、転職しようと考えている本人が間違った情報や現状に沿わない情報を鵜呑みにしてしまうと、将来性のある転職ができなかったり、困難な転職をしようとする可能性が出てきます。

それはあまりにも勿体ないと言わざるを得ません。

例えば、かかりつけ薬剤師制度は平成28年4月にスタートしたばかりです。

この影響が薬剤師の転職にどのように影響してくるのかはまだまだ分かりませんが、例えば収入が大きくプラスに働くにもかかわらず、マイナスだと理解してしまうとせっかくのチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。

しかし転職サイトのコンサルタントは、転職に関してのプロです。

細かな情報から大きな動向まで常に正確に把握していますので、薬剤師の転職状況が変化しつつある様子も理解しています。

もし間違った方向に転職しようとしているなら、コンサルタントは正しい状況判断に基づいてアドバイスしてくれるのです。

客観的な判断によるアドバイス

転職希望者は転職先に対して、どうしても理想を追い求めてしまいがちです。

今までの経験やスキル、適正以上のものが必要な転職先を希望してしまうと、転職することは難しくなってしまいます。

また仮に転職できたとしても、非常に辛い思いをすることが予想されます。

しかしながら、ほとんどの人は願望を込めて転職先を探してしまうのが現実です。

収入や待遇、休日、通勤時間など、誰でも少しでも好条件の方が良いに決まっていますが、その求人情報に応募しても採用されない可能性が高いのであれば、応募すること自体が無意味になってしまいます。

コンサルタントは、多くの人の転職に立ち会っていますので、転職希望者の経験やスキル、適正などを常に冷静に捉えています。

転職希望者がもし自分のことが見えなくなっているのであれば、客観的な視点からアドバイスできる唯一の存在がコンサルタントであると言えるのです。

厄介な条件面での交渉を引き受けてくれる

転職先の面接を受けた後、勤務条件について気になるケースもあるはずです。

最も多いのが給与に関することですが、このことを担当者に伝えて自ら交渉するのは非常に厄介です。

交渉そのものは全く正当なものですが、日本人は金銭面での交渉に慣れていないこともあって、うまく交渉しないと転職先の人事担当者が感情的になってしまうケースもあります。

極端な話、せっかく内定をもらっていたにもかかわらず、あまりに無理な交渉をしてしまうと、内定そのものが取り消されてしまうかもしれません。

冷静に相手の反応を読みつつ、交渉する余地があるのかないのか、また余地があるならどの位まで交渉できそうかなどを判断しなければなりません。

このようなこともコンサルタントは引き受けてくれるのです。

コンサルタントの能力を最大限に活用しよう

コンサルタントは薬剤師の転職に関して、様々な知識と経験を持っています。

また転職を希望している本人でないからこそ客観的に判断でき、分かることも多くあります。

コンサルタントの能力は最大限に活用すべきであり、活用するからこそ転職を成功につないでいくことも容易になるのです。