薬剤師が転職の相談相手を転職のプロにすべき理由

薬剤師が転職の相談相手を転職のプロにすべき理由

2018/9/26 更新

転職成功には協力者の質が重要

薬剤師が転職の相談相手を転職のプロにすべき理由

薬剤師は、他の職種に比べて転職しやすいと言われています。 ただし独りで転職しようとするのは大変な労力を伴い、思うように結果が出なくて行き詰りやすいものです。 やはり相談できる相手がいる方が心強いでしょう。 でも、転職は自分の将来にかかわる大事ですので、誰にでも相談していいものではありません。 **転職事情に詳しい転職のプロに相談するのが、成功する転職への近道**なのです。

 

転職には誰かの助けが必要

転職をするには自分の希望に合った求人を探し、応募して面接を受けなければいけません。

独りで一度にアプローチできるのは、せいぜい2~3件くらいです。

それだけで本当に自分が理想とする職場へ転職するのは難しいでしょう。

また有利に転職するには、ありのままの自分をさらけ出すだけではダメで、人間性やスキルをアピールしつつ欠点を上手にカバーしなければいけません。

けれども自分で自分のことを客観的に見られる人は少なく、求人企業に上手くアピールすることも簡単ではないでしょう。

そんな時に、第三者である転職のプロが協力してくれれば心強いのではないでしょうか。

そのようなプロに出会えるのが「転職サイト」なのです。

薬剤師専門の転職サイトに在籍するコンサルタントは、薬剤師の転職事情を知っているので、的確なアドバイスをすることができます。

例えば転職の条件が本人のスキルに対して高望み過ぎないか、本当に現在の職場環境が良くないのか、蓄積されたデータなどから正しい判断を導き出せるのです。

転職サイトは複数利用で比較を

数ある転職サイトには、調剤薬局や病院の求人が多いところ、正社員の求人に強いところなど、それぞれの強みがあります。

自分が希望している職種の求人が多いのはもちろん、担当のコンサルタントが自らの判断で希望に沿った最適な職場を紹介してくれる転職サイトを優先的に利用したいものです。

しかし、こうした情報はサイトを見ただけでは分からず、口コミも信頼性に欠けます。
転職サイトの登録や利用は無料なので、複数の転職サイトを掛け持ちして使ってみれば良し悪しが分かり、より多くの自分に合った求人情報やコンサルタントに接することができるでしょう。

薬剤師に限らず、多くの転職希望者は少なくとも2~3つ程度の転職サイトに登録しています。

転職コンサルタントと信頼関係を構築する

転職コンサルタントは、本人の希望を元に過去の事例と照らし合わせて自らの裁量で探してくれます。

機械で自動的に求人がピックアップされるよりも希望に沿った求人を紹介してもらえるでしょう。

また、紹介される求人の中には、一定の条件を満たさないと紹介されない好条件の非公開求人が含まれていることも多くあります。

他にも転職コンサルタントは、転職に関する情報やノウハウが豊富であり、履歴書の作り方や面接に通りやすいアピール方法など、悩みを相談すれば的確なアドバイスをしてくれます。

メールでのやり取りも可能ですが、実際に顔を合わせて面談するのが一番です。

せっかく転職サイトを利用してコンサルタントに相談するのですから、抱えている悩みや不安は包み隠さずに伝えましょう。

問題点がはっきりしないと誤った対策をしてしまい、信頼関係も生まれません。

企業との面接ならともかく、コンサルタントの前で恥ずかしがる必要はありません。

コンサルタントと信頼関係が構築できれば、その後の応募や面接、条件の交渉や質問など、採用に至るまで何かと助けてくれるでしょう。

理想の転職先を見つけるためには

現在の仕事を続けながら転職活動をすると、どうしてもマイペースになりますが、理想の求人との出会いは急に訪れることもあります。

そこでタイミングを逃してしまうと、他の応募者に決まってしまいます。

これぞという求人を紹介されたら、すぐ行動に移しましょう。

転職サイトなら面接の日程調整など企業とのやり取りも、コンサルタント任せにできます。

また1社だけの面接で即決するのではなく、時間が許す限り複数受けるべきです。

比較対象が増えると、自ら冷静になって転職先を判断することができ、より自分に合った理想に近い職場を見つけやすくなります。

転職のプロであるコンサルタントを味方につけて、是非転職を成功させましょう。