薬剤師がMRからCRCへ転職する場合のメリット・デメリット

薬剤師がMRからCRCへ転職する場合のメリット・デメリット

2018/9/5 更新

MR経験者優遇の求人先もある

薬剤師がMRからCRCへ転職する場合のメリット・デメリット

薬剤師であれば誰でもが薬の研究や開発に関わりたいと考えたことがあるのではないでしょうか。 特に製薬会社に勤務する薬剤師資格を持つMRであればなおさらでしょう。 しかし研究・開発職への転職は、求人自体が希少で条件も厳しく、非常にハードルが高くなっています。 ただ、「新薬の開発に関わる」という意味では、薬剤師であれば「CRC(治験コーディネーター)」へ転職することが可能です。 CRCとはどのような仕事で、薬剤師であるMRがCRCへ転職するメリットやデメリットはどのようなものなのでしょうか。

 

CRCの仕事とMR経験の活かしどころ

CRCの役割

「治験」は、厚生労働省の省令に基づいて新薬の効果を確かめるために、患者や健康な人を「被験者」として新薬を服用してもらい、その結果をデータとして集める作業です。

CRCはこの治験がスムーズに行われるよう、治験に携わる医療機関や製薬会社、被験者との調整役を務めます。

CRA(臨床開発モニター)と混同されやすいですが、CRAは治験全体を総括する仕事です。CRCはCRAが作成したプロトコル(治験実施計画書)に基づいて現場の調整役を務めます。

一般的にひとりで複数の治験を担当し、ある治験ではメイン、別の治験ではサブといった具合に、役割はその都度変わります。

1つの治験は早ければ3ヶ月程度で終了しますが、1年ほどかかる場合もあります。

CRCの勤務先

雇用主は主に、治験を行う医療機関や、治験を専門に支援する「SMO(治験施設支援機関)」、製薬会社から受託して治験を代行する「CRO(医薬品開発受託機関)」になります。

近年ではSMOやCROからの求人が大半を占めています。

MR経験が役に立つ

CRCには医療や臨床の専門的な知識が求められますが、それ以上に「コミュニケーション能力」が重要です。

治験に携わっている人達は、誰もが同じ考えとは限りません。

特に被験者は、体に影響を及ぼす治験に対して多くの不安を抱えています。

円滑に治験を進めるにはCRCが相手の気持ちになって、柔軟に対応していかなければなりません。

その点では、実務を通してコミュニケーションの経験が豊富で、ビジネスマナーも身についているMRのスキルが大いに活かされます

医師とのパイプがあれば信頼関係の構築や素早い被験者集めにも役立ちます。

MRがCRCへ転職するメリット

仕事へのやりがい

MRにないCRCの大きなメリットは、被験者となる患者とかかわる時間が多く、新薬開発の一員として携われることです。

特に治験が無事に完了して新薬が販売されると大きな達成感があるでしょう。

また仕事を通して疾患や薬の知識が充実し、薬剤師としての幅が広がります。

残業や休日出勤が少なくなる

治験を行う医療機関の都合で早朝に出勤しなければならない可能性はありますが、残業は月20時間以下で休日出勤も少なく、転勤はほとんどありません。

ハードワークなMRに比べると、プライベートを充実させることができるでしょう。

MRがCRCへ転職するデメリット

収入が下がる

MRからCRCへの転職で最も大きなデメリットと言えるのが、収入が下がることです。

MRは薬剤師の職種の中でも高収入であり、営業成績次第では年収が1,000万円になることも夢ではありません。

一方CRCは転職直後で年収300~400万円で、長く働いてもMRの給料を上回れない恐れがあります。

そのため採用する側としても、収入を理由にすぐに辞めてしまうのではないかと懸念を抱くところが多いようです。

期限に追われる

MRと違って売上のノルマは科せられないものの、期限までに治験を終わらせなければいけないというプレッシャーはあります。

医療関係者や製薬会社、被験者など治験の関係者が思い通りに動いてくれず、ストレスが溜まる場面もあるでしょう。

CRCの需要とMRから転職できる可能性

新薬を競合メーカーよりいち早く世に送り出したい製薬会社にとって、CRCの存在は重要です。

特に外資の製薬会社が参入してからは、需要がますます高まっています。

MRからの転職は、技術面から見ると臨床経験があって検査値の判読やカルテの読解力に優れている検査技師や看護師に劣るため不利です。

しかし、一方でMR経験者を優遇するSMOもあるので、求人情報を探す時はこうした企業側の意向を見極めるのがポイントです。

MRを優遇してくれるようなところでは、未経験でも研修制度が充実しており、CRCの認定試験を通して必要なスキルを後から身につけることもできます。

医療の世界は日進月歩ですので、採用されたからには常に勉強し続ける姿勢も大切です。

MRからCRCの転職には転職サイトが役に立つ

CRCの求人情報は、一般には公開されない非公開扱いの求人になっていることがほとんどです。

そのため、薬剤師に特化した転職サイトへの登録が必須と言えます。

転職サイトに登録すれば、非公開求人を見られるようになります。

また、求人先の条件にマッチする登録者にのみ、コンサルタントから紹介される非公開求人情報もあります。

コンサルタントにあらかじめ希望を伝えておけば、前述したようなMR経験者を求めているSMOの求人先も探してくれたり、求人が出た時にはすぐに連絡してもらうこともできます。

MR経験を高く評価してもらえる転職先を、コンサルタントに協力してもらいながら探し出し、CRCへの転職を成功させましょう。